わん子ん家 しつけコース・料金について

吠え癖について ニャーンでもだめですか?

わんちゃんが吠えるにも必ず理由があります。

まずはなぜ吠えているのかをしっかり見て考えてあげる必要があります。
怖くて・威嚇して、または遊びたくて吠えているなど様々な理由が考えられます。

例えば怖くてワンワン吠えている子に「ダメ」と怒る、これっておかしいですよね。
人の子供が怖くて泣いているのを「泣くな」と怒っているのと同じです。

威嚇して吠えている子に「ダメ」と怒るこれは一見良さそうですが、結局押さえつけて 止めているだけなので、 ストレスがたまり他の問題行動につながります。

大切なのはなぜ吠えているかという原因を明確にし、 その原因を解消してあげることが吠え癖を直す一番の方法なのです。

ほめて伸ばそう もっとほめてほめて

「しつけをするぞ」と思うと大半の方が気合いが入り、怒ることばかりになりがちです。 でも自分がそれをされたらどうでしょう。

すぐに嫌になりますよね。 しつけをする時はできないことよりも今上手にできていることを探して褒めてあげます。
これができたら次のステップです。ポイントは怒ると褒めるをワンセットにすることです。

例えば噛んではいけない物も噛んだ、この時はいけないと教えてそして噛んで良い物を噛ましてあげましょう。
そして噛んだら褒めてあげてください。そして噛んではいけない物を渡します。

また噛んでしまったら同じ事を繰り返します。

何回か繰り返すと噛んではいけない物を 渡しても噛まなくなります。
その時にいっぱいっぱい褒めてあげてくださいね。

そこで初めてわんちゃんは理解してくれます。そうすることで怒ることよりも 褒めることのほうが増えていきます。

そうすることでお互い楽しくしつけを行う事が可能になります。

その子にあったやり方で 僕にも個性があるんだよ

十人十色という言葉があるようにわんちゃんにもいろいろな性格の子がいます。その子にあったやり方

「ダメ」というだけでシュンとなってしまう子、怒っているのに逆にテンションが上がり喜ぶ子。

大切なのはその子にあったしつけをすること。

本に書いてあった、人から聞いたからするのでは無く、 自分の子にあったやり方をしてあげる必要があります。

お電話のお問い合わせはこちらまで

メールでのお問い合わせはこちらまで